Tag Archives: 地域包括診療料

地域連携・かかりつけ医の営業ツール

平成28年度からは医療機能の分化と連携、主治医機能が強化されることになりました。

厚生労働省は医療の質向上のために診療報酬というインセンティブをつけて医療施設間の競争を加速させる方向に転換しました。 かかりつけ医を重点的に評価し、地域包括診療料等の施設基準の緩和、小児かかりつけ診療料を新設するほか、歯科医や薬剤師のかかりつけ機能も診療報酬上で評価し、それぞれの役割の明確化とかかりつけ医機能を推進する方針です。参照: 平成26年度診療報酬改定の概要 かかりつけ医になるということは、患者に選ばれるということにほかなりません。医療サービスとして質の向上という条件に加えて患者や周辺医療機関との関係強化または再構築が重要な課題です。 (さらに…)...
Read more

かかりつけ医の広報のポイント

かかりつけ医推進のために地域包括診療料と地域包括診療加算が設定されます、これにより該当する診療所(病院)は患者との関わりは従来以上に密接になります。同様に「小児かかりつけ診療料」の加算も見込まれています。 かかりつけ医になるためには、医療技術の種類、医療技術の高さ、医療サービスの充実などが必要ですが、外来診療を中心とする病院、診療所とっては大きな課題となります。従来のように「かかりつけ医」という言葉だけでなく、診療報酬加算がつくことはマーケティング戦略の転換と質の向上が求められます。同時に競争も促進されます。 外来診療に従事されている事業所は、患者との関わりが従来以上に重要となります。診療の質向上ととも患者とのコミュニケーション改善は必須です。すなわち広報により事業所の方針や医療の質を伝えることができます。かかりつけ機能強化に対する対策をお考えの方の参考になるように、広報のポイントについて記載します。 (さらに…)...
Read more