Tag Archives: 地域包括ケア

地域包括ケアと病院広報

病床再編時代において、地域の患者・医療関係者に求められる医療機関になるための広報対策。 2018年には診療・介護報酬の同時改定、さらに第7次医療計画、第7期介護事業が始まり、より具体的な取り組み・経営が重要になる。 医療機関は自院の経営課題を早期に達成することに集中する時期である。 主な課題は下記のことがあげることができる。
  1. 病床再編後の医療機関情報が患者・医療関係者への知名度・認知度向上
  2. 医療機関に対する総合的な患者満足度改善策
  3. 病院情報公開の手順・役割
  4. 広報が機能するような担当者の育成
  5. チームワーク医療を進めるための院内コミュニケーション改善(院内広報)
(さらに…)...
Read more

病院広報とインターネットの変遷

患者の医療機関選択に関する動きが、近年インターネット技術が急速に向上したことにより、大きな変化が起きています。そして確実に患者・住民に浸透していることが実感する日々です。 この変化は消費者動向にも大きな影響を与えています。電子商取引は経済産業省の調査によれ平成26年度で約13兆円の取引があったとのことです。 同様の動きは患者が医療機関を選択するときにもあります。即ち比較と共感で選ぶということです。共感というのはわかり難いかもしれませんが、ソーシャルメディア風に表現するとフォロワーが増えるということです。そのフォロワーは医療機関の考え方や背景、歴史に関心、興味を持っている状態になります。そのことが実際に医療機関を選択するときの強い要因となります。 (さらに…)...
Read more

病院広報戦略2016年

厚生労働省は2025年を目途に地域の包括的な医療・介護支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を目指しています。 医療・介護施設では地域の中でどのような役割をするのか決定し、医療機関においては経営の方向転換およびサービス内容の変更を求められています。病院サービスの状況を把握するための病院報告制度がスタートして益々制度改革に拍車がかかっています。 (さらに…)...
Read more