病院の認知度向上

医療および病院の広報は、知名度とともに医療提供を適正にしているという認知およびその信頼を醸成します。認知度向上は、社会における病院、または経営者や医療提供についての信頼を表す重要な要素です。

近年、病床再編で医療機関の地域での役割が明確になろうとしているが、以前は総合病院、療養型病院程度の情報で問題はありませんでしたが、地域ではよく知られているので発信する必要もありませんでした。

知名度の改善は受療行動への信頼、そして病院利用に直結する。通常の産業であれば知名度を上昇させるにはテレビCMや折込チラシなどの広告、宣伝を頻繁に利用することが可能ですが、医療では宣伝が医療法で制限されていることだけでなく、情報と宣伝があふれている今日は患者に届けることが困難です。例え届いても病気でない健康な人の記憶に留まることはほとんどないのが現状です。

認知度向上には、信頼を醸成するために住民に身近に感じてもらうことが重要です。特に情報の種類は宣伝を目的とした情報のみでなく、患者が必要としている内容であることが従来と大きく異なってきた点である。即ち患者にとって(患者の視点ともいう)必要な情報であることが条件です。例えば住民に対して健康への啓発と受診の重要性を自覚させるなど、直接的な宣伝でなくても自院の存在意義が地域に広がっていくきっかけとなります。

情報は発信するだけでなく、患者との相互コミュニケーションが図れるようにする工夫が必要です。効果的なことは直接説明することが効果的ですが、近年はソーシャルメディアでコミュニケーションを強化することが実現されています。

Comments are closed.