広報戦略策定支援

高まる病院広報の役割
医療も含めて、あらゆる業種で生活者の社会活動は変化している。これをパラダイムシフトが起きていると表現することもある。即ちインターネットによるコミュニケーションが急速に広がり消費者(患者)行動は変化している。

また外部環境は2014年の診療報酬改定で厚生労働省は2025年に向けて大きく状況が変わった。これによって各医療機関は病床再編を検討または実施を2-3年以内方針を決定し2025年を目指さなければならなくなった。

もし、病床再編を変えたりするのであれば、急性期から療養・介護まですべてをグループ内で対応する以外は、周辺の医療機関との連携は当然必要となる。他の病院も同様に連携を目指しますので、従来以上に情報発信に留意し、自院を際立たせることが必要です。

広報戦略の重要性
医療機関が広報業務を展開するには「戦略」は極めて重要である。

病院広報戦略は、自院の経営方針や診療報酬制度改定、患者の医療機関の利用動向を加味しながら柔軟に変えていけるものであることが必要です。特に近年インターネットによる影響はかつてないスピードで変化していくことが数多く見られる。

多くの経営者はそのスピード、変化についていけずに活用しない選択肢を選んでいるのが実態である。しかし消費者(患者)行動はこのような経営者の意向とは無関係に加速度的に変化している。

正確な情報を的確に患者・住民に伝えられるスタッフ教育、組織の構築と発信メディアを構築し活用していくことが重要である。この情報は患者のみならず病院職員や周辺住民、医療機関、取引業者にも伝えなければならない。

広報戦略のキーポイント
即ち広報戦略は従来のような一方的に「情報」を発信する宣伝ではなく、相手が納得する「コミュニケーション」へと変化してきていることがキーワードである。情報とコミュニケーションが機能するようにするマネージメントする戦略が必要となる。

病院広報戦略

Comments are closed.