地域医療連携強化

地域医療連携を強化するには、医療技術の向上や業務の効率化と同様に病床再編後の病院機能に関する情報発信と関係構築が必要です。主な内容は下記の通りです。

  1. 通常業務の内容
  2. 紹介された患者さんの状況を紹介元の先生に報告
  3. 患者さんの病状、治療方針、臨床検査内容などが紹介医に報告
  4. 患者さんの相談
  5. 地域医師会と定期的な会合を開き、医療機関同士で医療上の問題点の改善
  6. 自院の特徴に関する情報発信
  7. 自院の紹介・逆紹介患者に対する対応内容と患者からの評価分析と対応

上記のプロセスで、自院の医療サービスの内容を周辺医療機関に理解を得て、さらに信頼獲得にも重要です。また、広域医療連携での紹介や啓蒙についても同様に必要です。

地域医療連携に必要な渉外ツール(営業用)は適切な分析のもとに内容が構成されている必要があります。

Comments are closed.