Portfolio Category: 病院広報

病院のブランディングとは

 病院のブランドとは

視覚的な医療機関(病院、診療所)の特長、標榜診療科、ロゴマーク、パンフレットのデザイン、スローガンなどを指します。患者にとって医療サービスの実態を表す好ましいイメージを創る活動がブランディングです。ブランディングによって患者は病院を選ぶときに当該病院を理性と感情面から想起し易くなります。

ブランドの必要性とメリット

皆保険で成り立っている日本の医療制度の下でブランディングは必要が無いと考える病院経営者もいると思います。同等の医療サービスを提供しているので差別化できなかもしれませんが、それだけではありません。患者の信頼感、医療技術の高さ、患者とのコミュニケーション(接遇以上の対応)、充実した医療設備など患者満足度に影響することはブランドを考えるうえで重要の要素です。また近年は急性期、高度急性期病院、慢性期病院でも診療内容や病棟の特徴、リハビリテーションの種類、さらには地域特性が異なりますので、患者にとって選びやすくする意味でも必要です。 病院ブランドにより下記のメリットがあります。
  • 患者は同じ内容の医療サービスの場合には、ブランドがある医療機関を選択
  • 病院のブランドに対して、信頼の醸成が強化され患者は治療ヘ積極的に関わる
  • 治療の選択時には、医師の説明に同意が得られやすい
  • ブランドにより職員の役割の認知が強くなり責任感が醸成される
患者にとっても次のようなメリットがあります。
  • どの医療機関が患者の希望に沿っているか、都度調べる手間が省ける
  • どのような医師が担当するか、心配する必要が無くなる
  • 患者の診療に対する満足度が高くなる

ブランドは時間や患者とともに変化

ブランド構築ができたら放置しておいても良いというものではありません。ロゴやパンフレットのデザインは変化しませんが、病院内外の状況は常に変化します。例えばブランドは診療内容の変更、病床編成、職員のモチベーション、また外部要因では住民の評価、高齢化によるニーズが変化、スマートフォンの増加などがあります。ブランドの維持とともに再構成などのブランド管理が必要となります。   参照:医療・病院のブランディングの変化 特定機能病院の広報戦略の見直し  ...
Read more

ソーシャル・メディア広報担当者の育成

日本のソーシャル・メディアの利用者は、6000万人を超えるとされており、今後若い世代の利用率を見るとさらに増加するものと考えられます。実際広告でもテレビ視聴率が低下していることが認識されています。 このような大きなメディアの患者・住民との接点は健康啓発、医療啓蒙の絶好の機会です。しかしソーシャル・メディアについての知識や経験が少ないと、大半の担当者がリスクについて言及することになり作業は停滞します。 さてソーシャル・メディアを使うリスクと使わない場合の経営リスクではどちらが大きいのでしょう。例えソーシャル・メディアを医療機関が使わなくても、患者はソーシャル・メディアで医療機関の名称を投稿していることが多くみられます。ソーシャル・メディアを利用していれば担当者が何かの異変に気が付くのも早いのですが、利用していないと外部からの指摘で気が付くことにもなりかねません。 間違ったリスクに対する知識、未経験分野での作業に対する違和感から本来の得られる利益をを見過ごしてしまうことになります。また既に医療以外の分野では多く利用されているのでここ数年のうちに一般化することは断言できます。 米国やオーストラリアの医療界における利用方法や弊社の日本における実績から、普通に利用すればリスクは1%以下であると考えられます。また想定されるリスクは既に把握されたり、専門家の間ではリスクが共有されていますので対策は十分に立てることが可能です。 現在ソーシャル・メディアは医療関係では、リスクに対する経験・対策不十分なことに加えて、米国、オーストラリアと比較して利用が少なく、その理由はソーシャル・メディアに対する知識と担当者が育っていないことが理由と考えられます。 また、弊社では過去3年間、ソーシャル・メディアを医療機関に導入支援をしてまいりました。その間、医療機関にとりまして問題は無く運用ができております。 このことは広報担当者様の育成とリスクを把握した上で適確に業務を進めることによって、通常のホームページでは経験ができない高度なコミュニケーションをすることができます。 弊社では医療機関のソーシャル・メディア導入支援と広報担当者育成プログラムを提供しております。 詳細はお電話(03-6420-0551)またはメールでご相談いただきますようお願い致します。...
Read more

ソーシャルメディア導入支援

弊社は医療・医療事業におけるマーケティングを推進するソーシャルメディア(SNSを含む)導入、活用を支援、コンサルティングを提供しております。 最新のソーシャルメディアを確実に導入し、医療サービス・病院の認知度向上、知名度、ブランディン、医療チームワーク構築に関するコンサルティングを提供しております。デジタルマーケティング、デジタルメディアプランニングにおける効果測定などを実施しております。 ソーシャルメディアのコンサルティングの内容は、医療機関の課題である患者とのコミュニケーション、認知度、患者満足度向上を解決するための企画から戦略展開、実行、評価までご支援します。主な内容は下記の通りです。
  • 病院のソーシャルメディア マーケティングの導入
  • 医療ソーシャルメディアの広報への適用とリスク管理による円滑な運用
  • 医療ソーシャルメディアとウェブマーケティング戦略コンサルティング
  • 患者や医療従事者とのエンゲージメント向上
  • 看護師の認知度向上
  • 地域連携強化とチームワーク強化
医療ソーシャルメディアの実例として、国内はもとより最先端のマーケティング、広報PRを展開しているメイヨークリニック(米国)オーストラリア私立病院協会のベストプラクティスをもとに、それぞれの病院や事業所の経営戦略と連携して導入を支援致します。...
Read more

ソーシャルメディアと病院広報

ソーシャルメディアは近年、スマートフォンの増加とともに利用が増加しています。さらに、患者や消費者はテレビや新聞など従来のメディアよりもインターネット上で情報を検索・閲覧する時間が大幅に増加しています。 ソーシャル・メディアの効果については、日本の病院関係者には賛否両論があるもののE-mail の代替えとして若い世代から高齢者まで利用者が増加しています。日本の病院広報ではソーシャルメディアの利用は進んでおらず、米国、オーストラリアと比較しても少ない状況です。 一方、米国のメイヨークリニックなどはソーシャル・メディアを広報に利用し、多くのフォロワーを有するなど大きな成果を上げています。 ソーシャルメディアを理解するときに重要なことは、すでに大半の患者と国民は通信技術の向上で大量の情報から必要な情報を短時間で取得することができ、さらに一般的な情報に加えて個人特有の症状や条件についても情報を欲しがっています。逆に宣伝のような一般的な情報との接点は極めて少なくなっています。 患者が関心がある情報で特徴的なことは、医療提供側の安心安全・良い技術の裏付けとなる医師や経営者の考え方についても関心を持つようになったことです。 ソーシャルメディアは従来のホームページよりも消費者に近い位置と認識されており、口コミのように重要視する傾向が今後さらに強まっています。 活用方法の例
  1. 患者または地域住民とのコミュニケーション(情報提供やお知らせ等)
  2. 看護師、医師の募集
  3. 外国人患者への情報提供・PRとコミュニケーション
  4. 患者サービス(患者との医療のみならず個人的な環境を共有したコンサルティングなど)
  5. 患者会の運営(会員制)
  6. 健康、医療情報提供
  7. 患者教育および健康啓発
  8. 経営理念の浸透およびブランディング、マーケティング
  9. 医療関係者間の情報共有
  10. 医療マーケティング、広報、広聴(患者の声などの傾聴)
  参考:病院広報にソーシャル・メディアを活用...
Read more