病院広報戦略2016年

厚生労働省は2025年を目途に地域の包括的な医療・介護支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を目指しています。

医療・介護施設では地域の中でどのような役割をするのか決定し、医療機関においては経営の方向転換およびサービス内容の変更を求められています。病院サービスの状況を把握するための病院報告制度がスタートして益々制度改革に拍車がかかっています。

経営方針およびサービスの変更には、患者のみならず職員や連携する医療機関の担当者がその内容を理解することが重要となります。もし患者や職員が理解していないと経営者にとっては収益だけでなく、サービスの転換が進まないリスクも発生します。

例えば、病院担当者にとって在院日数は重要な指標で一般的です。しかし患者は退院しなければならない事情には精通していません。結果、「無理やり退院させられた」との評価をソーシャルメディア等に書き込み、それを見た病院担当者が困惑するということがしばしば見られます。

円滑で効率的なサービス転換を進めていくうえで、患者、職員に医療行政の変化と経営方針について気づきと次のアクションの認識を与えることが必要となります。

2016年の現状認識の一助となる病院広報戦略に関する弊社レポートのサマリーを無料で提供致します。

次のリンクからお申込み下さい。ここをクリック

No Comments Yet.

Leave a comment