地域医療連携に果たす広報の役割

地域における医療提供体制の構築に関してすでに方向を出さなければならない時期になっています。経営者にとって、「地域医療連携」の中で自院が果せる役割や機能、医療サービスを考えると同時にどのように連携するかは重要です。

「地域医療連携」中核病院として、高度な医療技術と最適な医療サービスが提供できることや取り組みを周辺の医療機関に伝え、自院のポジションとその理解を得るようにすることが必要です。さらに重要なこととして地域で技術や知識を共有していく姿勢が必要なことです。

地域医療連携の取り組みには下記の項目があります。

経営方針
地域医療連携室の設置
担当医師の紹介
紹介受診と逆紹介受診の普及
地域連携パスの運用
高度最新医療機器の機能
手術室の稼働状況
検査の利用日
利用可能ベッド数等

上記の内容を効率よく、必要な情報を必要な時に提供できることが広報の役割です。

関連資料: 地域包括ケアと病院広報

 

地域包括ケアによる病床再編と地域連携について、弊社では下記のようなメディアや情報システムを活用して医療機関の地域連携業務に関する解決策を提供しております。

  1. ウェブサイト(分析・リターゲティング・ソーシャルメディア等)
  2. 印刷物
  3. コミュニティーなど

これらは実際に米国のメイヨークリニックでの成功例を参考にしています。

メイヨークリニックは米国雑誌USA NEWSで満足度ナンバー1の評価を得ている医療機関です。

0 Responses

  1. […] 地域医療連携に果たす広報の役割 […]

病院広報の役割と目的 にコメントする