病院広報はどこから始めるのか

多くの病院の理念・方針には「患者の視点」を優先する言葉が掲げられています。これは各患者に患者にとって適切な医療を提供するということです。

一方で、患者の視点を外来診療、病棟など実際の診療現場では、これらの理念方針を浸透させて展開することが困難、または具体的に機能していなことがあります。

病気の患者が医療施設を利用したときに、安心して受診でき、なおかつ診療、治療結果に納得が得られることが重要です。そのときには必要な情報提供、信頼感を醸成しておくことで、患者の協力を得ることができます。

このことに病院広報の意義があります。

従って、自院の特性をよく分析したうえで、広報発信をすることは意義があります。しかし広報の現場では、担当者不在でパンフレットやホームページの更新がほとんどで本来の広報業務ができず、積極的な発信やコミュニケーションはされていません。

人材や専門性の課題はあるにしても、基本である病院の理念・方針を説明していくことからお奨めします。

 

(写真はメイヨー クリニック(米国)の経営テーマ「あなたのために」のデザインです)

0 Responses

  1. […] は一人の担当者が複数の業務をしていることが多く見受けられる。 関連投稿 病院広報はどこから始めるのか 2015年11月5日 koho Permalink コミュニケーション, 病院広報戦略 No […]

Leave a comment