70歳代にもインターネットは浸透

年齢層別インターネット利用

年齢層別インターネット利用

総務省「通信利用動向調査、消費生活を取り巻くインターネット環境」により、個人のインターネット利用状況をみると、80歳以上を除く全ての年齢層で利用率が高くなっています。幅広い年齢層で、インターネットが日常生活により一層浸透していることを表しています。

つい最近まで病院の広報担当者の方が高齢者はインターネットは使わないと言っていましたが、このデータからはインターネットの浸透の速度はより早まることが予想されます。

医療においては記事の正確性の問題が指摘はされていますが、多くの人がインターネット上に情報を求めている傾向はより強くなっています。その理由は情報を得るスピードと手軽さです。今後はより医療の専門家のコンテンツが増えていく、また発信する意義が強くなっています。

No Comments Yet.

Leave a comment