病院広報戦略

医療技術の進化、高齢者の増加、2025年を目指した医療行政の変化など同様に、時代とともに患者や消費者の思考にも変化があり、病院経営を考えるうえでパラダイムシフトが起きています。外部環境は厚生労働省の地域包括ケアシステム推進と情報公開はセットで医療行政推進するなど病院経営のあり方に大きく関わっています。

弊社は時代の変化を見据え、 病院の経営方針を強化・浸透するための広報戦略をサポートしております。

 

病院広報の目的

病院広報は広告宣伝とは異なり、力任せの発信ではありません。しかし着実な広報による広報の目的は次のようになります。

  1. 知名度向上
  2. スマートフォン時代のコミュニケーション改善
  3. メディアとの関係構築
  4. 医療リテラシーの気づきを患者に提供し信頼関係構築
  5. 患者や医療連係、医療関係者向けの情報公開で円滑な業務運営
  6. 危機管理

弊社広報戦略の特長

広報戦略は現在の医療行政を踏まえて、医療機関の個別の経営戦略に沿った患者や地域医療機関とのコミュニケーションプロセスを構築します。

患者、職員などステークホルダーの行動過程における接触点(タッチポイント)と過去の関連データから必要なアクションを検討、抽出します。

特に患者に対する広報戦略は、ブランディングと患者の受療行動を包含したペーシャント・ジャーニーを検討します。広報のゴールまでの接点(タッチポイント)におけるデジタルメディア(インターネット、ソーシャルメディア等)で、効果的な広報を展開します。

弊社は国内はもとより海外のベストプラクティスを参考に、各医療医療機関に合わせてご提案致します。

対象

  • 高度急性期病院
  • 特定機能病院(大学病院)
  • 地域医療機関
  • 診療所
  • 患者会
  • 医療関連団体

弊社の国内の知見、米国メイヨークリニックのマーケティング戦略(広報・宣伝戦略)、オーストラリア私立病院協会のソーシャルメディア活用の事例など最先端の広報戦略をサポート致します。

メイヨークリニックのスタジオ設備

メイヨークリニックの経営・マーケティング会議2016年

広報戦略支援の内容(プログラム)

  1. 病院広報戦略策定
  2. 病院広報体制構築(組織およびICTシステムで広報力強化)
  3. 患者向け医療リテラシー(予防、治療)啓蒙
  4. 広報・PRコンサルティング
  5. 病院内広報(職員向け)
  6. ソーシャルメディア広報(デジタルメディア)運営
  7. 各種制作物(印刷物、ホームページ、ビデオ等)

 

参照

No Comments Yet.

Leave a comment