Blog

Twitterを医療で使う10の利点

Twitterは140文字、または短い動画を簡単に発信することができるソーシャルメディアです。日本のユーザー数は約2000万人とされており、厚生労働省もアカウント名?@MHLWitter 、ユーザーとして登録しています。 その他では、東京都病院経営本部 東大病院放射線治療チーム 石巻赤十字病院 亀田総合病院 飯塚病院 日本病院会 などのアカウントがあります。 (さらに…)...
Read more

医療、病院のFacebook実例

Facebookは国内ユーザー数は1年前で2400万人と全国消費者価値観調査が報告しています。さらに総務省の調査によると利用率は、下の表のようにFacebookはLineについで多くなっています。(属性や機能が異なりますので比較にはならない部分があります)
(単位:%)
利用している
Facebook 35.3
Twitter 31.0
Instagram 6.0
mixi 16.5
LINE 37.5
n=2,000
特にfacebookは84%が実名利用となっており、日本人に好まれていることがわかります。 (さらに…)...
Read more

BAMBOOに掲載されました

Clinic BAMBOO(株式会社日本医療企画)1月号に「広報」について掲載されました。

Clinic BAMBOO

病院経営雑誌

内容は、 生き残る診療所は、患者だけではなく地域の医療機関・介護事業所、働くスタッフを惹きつける必要があり、そのために広報活動は重要です。広報の目的や必要性、実践の方法までを3回にわたって解説します。

1月号は「 広報の意義と基本的知識 」についてです。詳細は㈱日本医療企画Clinic BAMBOOのウェブサイトをご覧ください。

病院広報戦略2016年

厚生労働省は2025年を目途に地域の包括的な医療・介護支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を目指しています。 医療・介護施設では地域の中でどのような役割をするのか決定し、医療機関においては経営の方向転換およびサービス内容の変更を求められています。病院サービスの状況を把握するための病院報告制度がスタートして益々制度改革に拍車がかかっています。 (さらに…)...
Read more