Blog

月刊医療経営士に掲載

弊社の病院広報に関する記事が掲載されました。 月刊医療経営士では2017年1月号の特集で広報誌だけで満足していないか-戦略的広報のススメというタイトルを組みました。 地域医療ケアシステムが推進されている中で、地域に根づき、他の施設との連携が必要な現状に対する病院広報のあり方を提案しています。 (さらに…)...
Read more

地域包括ケアと病院広報

病床再編時代において、地域の患者・医療関係者に求められる医療機関になるための広報対策。 2018年には診療・介護報酬の同時改定、さらに第7次医療計画、第7期介護事業が始まり、より具体的な取り組み・経営が重要になる。 医療機関は自院の経営課題を早期に達成することに集中する時期である。 主な課題は下記のことがあげることができる。
  1. 病床再編後の医療機関情報が患者・医療関係者への知名度・認知度向上
  2. 医療機関に対する総合的な患者満足度改善策
  3. 病院情報公開の手順・役割
  4. 広報が機能するような担当者の育成
  5. チームワーク医療を進めるための院内コミュニケーション改善(院内広報)
(さらに…)...
Read more

医療機関がTwitterで注意すること

Twitterは災害対策も含めて、簡単に住民とのコミュニケーションできる強力なツールです。患者の医療に対する理解と医療サービス向上は病院経営では必須であり、今後そのツールは変化していくものと考えられます。 便利が故に、Twitterの利用には多くの知見と経験が必要です。個人での運用と医療機関を代表して投稿するのでは大きな違いがあります。多くの担当者には運用リスクの実態や効果を把握しないで運用をあきらめているケースが見受けられます。 (さらに…)...
Read more

医療機関のTwitterの便利な使い方13項目

1カ月間にTwitterにログインした月間アクティブユーザー数は3500万人(2015年12月) 単純計算するなら日本人のうち4人に1人が、Twitterユーザーとなる数値になる。 東日本震災、鬼怒川の洪水の際にTwitterで救助を求めたりするなど総務省も積極的にライフラインのツールとして利用し定着してきています。 また、これまで多かった10代から20代にかけてのユーザーだけでなく30代と40代のユーザーが増加したとのことであるが、医療機関としての利用はまだ多くはない。 Twitterを含めてソーシャルメディアの活用について、日本の病院の経営企画や広報担当者が、個人としてはなく医療機関として活用する知見やノウハウが確立されていません。その結果リスク管理のみに眼がいってしまい利用が進んでいません。 (さらに…)...
Read more