Recent Posts by koho

医療・病院のブランディングの変化

地域包括ケアシステムとソーシャル・メディアの時代になり医療・病院においてブランディングはどのように変化したのか、ということを再び考える機会がありましたのでまとめてみました。 そのまえにブランディングは広告、広報と同じではありません、患者など利用者がブランドとコミュニケーションをする方法論ですのでまずはブランドを構築してポジショニングを明確にすることなどが必要です。 従来はいきなりロゴやパンフレットのデザイン、どのようなイメージを考えるかということに向かっていきましたが、現在はそれだけでは十分ではありません。ソーシャル・メディアユーザーやスマートフォンの増加で、より複雑になっています。即ち患者・消費者との情報の接点が多様化し、従来のような情報発信では他の情報に埋もれてしまい、目指す患者に届くことが困難になってきています。 医療機関におけるブランディング戦略では医療サービスを可視化し、自院の地域における医療サービスの価値と認知を統合して考えていくことが必要です。 (さらに…)...
Read more

医療ソーシャルメディア ポリシー作成

ソーシャルメディアポリシーは、医療機関がソーシャルメディアを使用するにあたり、円滑で効果的な運用をするためのガイドラインです。 ソーシャルメディアが普及する過程において、ソーシャルメディアで発信した情報に周囲が強く反応してメディアに取り上げられ、いわゆる炎上につながるケースもありました。 職員や関係者がこのようなコミュニケーションツールを使用する際に業務内容を定めた文書でリスクを未然に回避するばかりでなく、より自院の立ち位置を明確にして情報発信することで患者や職員の理解を促進し効率的な運用が可能になります。 (さらに…)...
Read more

病院広報の役割と目的

病院広報は、患者とのコミュニケーション(情報の発信と広聴)で、円滑な健康生活が送れるように支援することで住民に認知され、相互の信頼関係を構築したりすることが目的です。 広報の目的を達成するために病院パンフレットを作成したり、ホームページを作成更新したりしていますが役割はこれだけではありません。近年では日本医療機能評価機構の機能評価をクリアする条件でもあります。 このように病院広報の目的は宣伝のように発信のみではありません。例えば病院広報で職員や住民の意見や患者の声を聴いてより良い方向に導くものです。このように医療提供が公共の眼に晒されることによって医療機関の自浄作用が強化され、厚生労働省の方針にもあるように職員の意識はよりオープンで前向きな姿勢になることを目指しています。 実際には病院広報は次のよう10の役割と目的があります。この病院広報の目的はステークホルダーによって異なります。特定機能病院ではさらに多くの対象(ステークホルダー)に留意することになります。
  1. 患者等ステークホルダーの認知度向上(イメージアップ)を図るブランド形成
  2. 患者・職員の診療方針や経営理念への理解向上
  3. 患者へ医療情報提供し、患者教育や知識で患者満足度向上
  4. 患者や職員に経営理念・方針を浸透させ、信頼関係構築
  5. 地域医療における機能、医療機関との連携の啓蒙と理解
  6. マスコミへの情報発信のツール
  7. インフォームド・コンセントにより医療の質を向上させる
  8. 職員の意識改革による組織活性化と職員間のチームワーク強化
  9. 看護師・医師採用の情報発信
  10. 自院および医療業界ついて、または地域からの情報収集(広聴)で相互理解を深める
  11. 地域住民とのコミュニケーションとエンゲージメントを強化
  12. 危機管理対策
  【参考】 院内広報に広報が果たす役割 地域医療連携に果たす広報の役割 病院広報は広告と同じ?...
Read more

デジタルと広報戦略2017年

高齢化対策と医療費増加対策として地域包括ケアシステムへの移行が進んでいます。さらにスマートフォンを中心とした外部環境は大きく変化し医療のパラダイムシフトは進んでいます。そのなかで患者中心の医療や医療の業務生産性にフォーカスがされています。
こうした厳しい環境で患者や医療関係者に訴求できる広報・PR戦略は 「患者獲得だけでなく医療担当者とのコミュニケーション」について各医療機関に環境に合ったPR戦略、患者サービス、マーケティングの実施、院内コミュニケーションの改善、看護師などの採用業務が重要となります。
(さらに…)...
Read more

Recent Comments by koho

    No comments by koho yet.