Recent Posts by koho

院内広報に広報が果たす役割

チーム医療が言われるなか、診療科間など垂直統合型の病院内のコミュニケーションには課題が多くあります。特に職員が数百名以上の規模になると組織全体の意識統一は困難が伴い、病床再編や医療サービスの改変時に多大な労力が必要となります。 今日のITによるコミュニケーション環境の変化により多様な機器から一人ひとりが日々受け取る情報量は爆発的に増え、「頑張りましょう!」のような通り一遍のメッセージでは伝わり難くなっています。 さらに、働く価値観や働き方の変化により日常生活はもちろん、経営ビジョンへの共感や職員の成長意欲の向上なしには、職員の雇用や採用は今後ますます厳しくなります。 このように職員の満足度を高め、安全性や生産性を高めるために院内コミュニケーションの強化が必要です。 経営者にとって院内広報(インナー・コミュニケーション)には、職員とのコミュニケーション強化など下記の役割・機能があります。
  1. 病院理念・ビジョン・方針の浸透・維持
  2. 経営情報の共有、病院目標の認識・実行
  3. 職員間、部門間の相互理解、
  4. 病院経営の活性化・意識改革・モチベーションの向上
  5. 院内の風土・文化の醸成
  6. 病院と社会の信頼関係構築への啓発(コンプライアンスの徹底・リスク管理等)などである。
院内広報の最終目的は、職員および関係者の一人ひとりが社会の一員としての役割を果たすために必要なマインドの醸成による病院・医療機関の持続的な発展である。 このような体制により病院理念にのっとり社会・地域住民とよりよい関係を構築します。職員は病院の理念やサービスを正確に伝え、患者・住民の声を病院経営に反映した医療サービスを提供して信頼関係の改善します。 この実現のためにに、職員全員が共通の認識・目的のもと、行動しなければなりません。そのために院内広報の果たす役割は重要です。 院内広報は全員参加 経営方針やビジョンは広報担当者一人で伝えきれるものではありません。職員のみならず、派遣職員、非常勤など業務に対する考え方や病院への帰属意識などには差があります。このような状況を改善するには、一人ひとりが自院の経営方針を理解した行動が必要となります。 院内広報の方法 経営方針を伝える方法は下記の項目があります。
  • 講義(イベント等)
  • 院内ネットワーク(イントラネット)
  • 掲示板
  • 印刷物
経営者が直接語り掛けることはもっとも効果的ですが、全員が一堂に会することは医療機関では困難です。院内ネットワークなどを利用して、直接、間接的な発信を組み合わせて経営方針を伝えていくことになります。...
Read more

メイヨークリニック 医療ソーシャルメディア2015年 Mayo Clinic Social Media Healthcare Network

6月に医療ソーシャルメディアカンファレンスが米国メイヨークリニック(ミネソタ州)で開催された。

メイヨークリニック(ミネソタ州。ロチェスター市)は2010年からソーシャルメディアを使った広報に力を入れてきた。そのなかで得たノウハウを開放して、医療関係者ののみならず患者との接点も増やす試みをしている。

メイヨークリニック・ソーシャルメディア担当のLee Aase氏からソーシャルメディアや9月にオーストラリアでオーストラリア私立病院協会と合同で医療ソーシャルメディア・サミットについて話を聞いた。

また、9月にソーシャルメディア・サミット オーストラリアをオーストラリア私立病院協会と一緒に開催その内容についても触れている。
参照;http://socialmedia.mayoclinic.org/

Lee Aase (@leeaase), Director, Mayo Clinic Center for Social Media talked about the Mayo Clinic Center and The first international healthcare and social summit. See more detail ⇒ http://socialmedia.mayoclinic.org/
#mccsm

病院広報はどこから始めるのか

多くの病院の理念・方針には「患者の視点」を優先する言葉が掲げられています。これは各患者に患者にとって適切な医療を提供するということです。 一方で、患者の視点を外来診療、病棟など実際の診療現場では、これらの理念方針を浸透させて展開することが困難、または具体的に機能していなことがあります。 病気の患者が医療施設を利用したときに、安心して受診でき、なおかつ診療、治療結果に納得が得られることが重要です。そのときには必要な情報提供、信頼感を醸成しておくことで、患者の協力を得ることができます。 このことに病院広報の意義があります。 従って、自院の特性をよく分析したうえで、広報発信をすることは意義があります。しかし広報の現場では、担当者不在でパンフレットやホームページの更新がほとんどで本来の広報業務ができず、積極的な発信やコミュニケーションはされていません。 人材や専門性の課題はあるにしても、基本である病院の理念・方針を説明していくことからお奨めします。   (写真はメイヨー クリニック(米国)の経営テーマ「あなたのために」のデザインです)...
Read more

Recent Comments by koho

    No comments by koho yet.